おすすめ!

"地球が球体”は嘘。?

こんにちわ〜まるで〜す。
 
突然ですが、
 
地球が丸〜い球体ってのは、立派な常識ですよね??
 
でも、もしそれが嘘だったら、どーします?w
 
いや、どうもしないっすよね。(。-∀-)
 
実は、地球は球体ではなく平面だ、と唱えている人が世界中に
 
たくさんいらっしゃるんですね。
 
イメージとしては、こんな感じですかね。
 
 

いきなりこんな話されても、は?って感じですよね。
 
 
この件に関しても色々な説があるのですが、
 
地球は球体ではなく、平面である
 
北極が地球の中心に位置していて
 
地球の周りを南極の壁が囲っている、と言う具合になっております。
 
飛行機などのパイロットに尋ねてみたところ、上空の高ければ高いところに行くほど、
 
地球は平面に見えるそうです。
 
まぁそうりゃそうでしょう、デカイんだから、って思っちゃいますよね。
 
 
地球平面説を信じる人たちの事を 
 
Flat Earthers フラットアーサーズ
 
と呼ぶそうです。
 
(日本にも地球平面協会とかもあるそうです
 
 
何人くらいの団体かはわかりませんが、とんでもない人数の方がいそうですね。
 
彼らによると、なんらかの理由によってNASAは地球が平面である事を隠し、
 
球体である。と言う事を人々の脳に刷り込んでいるそうです。
 
地球が球体じゃなくて平面だったら
 
そもそも”地球”はでなく”地平”になっちゃいますよね。かっこわら
 
この規模の話になると、様々な説や議論が繰り返されていて、
 
何が真実なのか僕にはさっぱりかんかん、わかりませぬ。
 
重力は実は存在しないとか・・・・
 
みなさんはこの事についてどう思いますかね?
 
僕は地球は球体だと思ってます。
 
スペースシャトルにGoproつけて飛ばした映像とか見ると
 
完全に球体以外のなにものでもないので、それを信じちゃってますね。
 
 
 
まぁでもただ一つ言えるのは、
地球が球体ではなく、平面である可能性は十分ありえると思います。
 
理由としては、僕らがいま常識と思っていることは
 
数年後には非常識に変わっている可能性が高いからです。
 
宇宙や深海に関しては、まだ1割も人類は理解していませんからね。
 
謎だらけだらけですよ。
 
 
”昔の常識は今の非常識”の例としては
 
現在では太陽や月は止まっていて、
 
地球が自転している
 
地動説 が常識ですよね。
 
地球が太陽の周りを自転しながら周期している。
 
 
今から約500年前15世紀あたりでは違ったんですよ。まったく。
 
地球が静止していて、太陽や月、星が同じような周期で
 
地球の周りをまわっている。
 
天動説 が常識だったんですよ。
 
今でも太陽が昇る。沈む。など太陽が動いてるような言い回しは
 
誰しもが使いますよね。そこに違和感は感じないはずです。
 
 
 
天動説が常識であった当時、
 
最初に地動説を唱えた人は世界中から
 
避難され罵倒され、
 
あげくのはてに暗殺されてしまったと言う話を聞いたことがあります。
(ひっでー)
 
そして16世紀17世紀とだんだん地動説が濃厚になってきて、
 
天文学の父と呼ばれている ガレリオ・ガリレイも地動説を唱えていたそうです。
 
そしていつの間にか常識は覆されていて、
 
今では地動説が常識になっていますよね。
 
時代とともに常識も常に変化してるってことですな。
 
※極力、専門用語や難しくて分かりにくい内容は避けております。
(僕も理解できませんので)
詳しく知りたい方はぐぐってみてね!!
 
 
 
ちなみに俺が大好きなアメリカの起業家スペースXのCEO
 
イーロン・マスクも地球平面説には異論を唱えているそうです。
 
イーロン・マスクについて本当にすごい奴だなと思うので(生意気)
 
また違う機会で取り上げていきたいなと思いますね。
 
今回はこんなところで!!
 
内容どうだったですかね?ちょっと現実離れしていて
 
つまらなかったですかね?
 
もっと面白い記事書けるように頑張りますね。
 
それではまた!!
 
Twitter: maruken2223
Instagram: maru.blog.jp