-Party Music-

サイケデリックトランスを聴くならこれ!2019年オススメの【psychedelic trance】14選

psychedelic trance ってなに?

→サイケデリックトランス(英: psychedelic trance)は、ゴアトランスから派生したよりサイケ色が強まった140BPM前後のビートのトランス。1990年代初頭からこのジャンルに属する音楽が出始めた。イギリス、イスラエル、ゴア、ブラジル、そして日本で盛んな音楽である。サイケデリックトランスミュージックは、「フルオン」、「ミニマル」、「ダーク」および「ダークフルオン」、「プログレッシヴ」、「モーニング」、「アンビエント(サイビエント)」などに分類される。引用: Wikipedia

最近若者に流行りのEDMを少しアンダーグランドにしたような
四つ打ちテンポの音楽ですね!
百聞は一見にしかず!
早速オススメのDJをドドドーン!と紹介していきます。
【サイケデリックトランス】 死ぬまでに行きたい!世界のフェス4選

ASTRIX

ASTRIX(通称アストリ)
ソビエト連邦出身 イスラエルの名門レーベルHOMmega Production所属
サイケデリックシーンにおいては不動の№1の人気と実力を誇るASTRIX

VINIVICI

VINIVICI(ビニビチ)
2013年より活動しているイスラエル出身の二人組のユニットDJ
最近ではサイトランスだけでは留まらずEDM界にも進出している。

Ace Ventura

Ace Ventura(エース ベンチュラ)
イスラエル出身で彼もまたASTRIXやAVALON同様に
サイケデリックシーンを牽引してきた人物の一人である。

one day ozora in Tokyo 【ozora festival】SONIC SPECIES ,AJJA ,ACE VENTURA サイケデリックトランスの祭典

AJJA

AJJA(アッジャ)
現在、世界のトランス界をリードする最重要アーティストをひとり挙げるとするならば、AJJA において他ならない。夏のヨーロッパの大型フェスティバルで彼の名を見ない日はないと言っていいほど多忙を極める AJJA

Burn In Noise

Burn In Noise(バーイン ノイズ)
日本のトランスシーンが低迷した2000年代の世界のトランスシーンを牽引してきたトップアーティストであり、これまでに数多くのアルバム、EPをリリースしてきた。

Sonic Species

Sonic Species(ソニック スペーシス)

RITMO

RITMO(リツモ)
サイケデリックなエレクトリック・サウンドに満ち溢れたディープ・エレクトロ&テクノ・トラック!
オリジナリティあふれる緊張感に包まれたアーティスティックなアプローチ!

CAPTAIN HOOK

CAPTAIN HOOK(キャプテン フック)
サイケデリックシーンで最も端正なトランスを奏でるイスラエルのアーティスト。

DJ MOON

DJ MOON (DJ ムーン)

メキシコ出身の女性DJ。
彼女はメキシコのグアダラハラで18年間DJとしてキャリアを始め、
すぐに彼女の国で非常に人気になり、
彼女の驚異的なプレゼンテーションのおかげで
世界中で彼女を推進しました。

SYMBOLIC

SYMBOLIC (シンボリック)

かつての隆盛を彷彿させる盛り上がりみせるサイケデリックシーンにおいて、いま最も注目を浴びているアーティスト

Ranji

Ranji (ランジ)

Sesto Sento

Sesto Sento (シスト セント)

ダンスフロアを爆発させるアートです。彼らはイスラエル出身のMatan , Itai , Aviram ,の3人組で、世界のエレクトリックミュージックの中でもトップクラスのクオリティーを持つプロデューサー達です