-副業-

【未経験からITへ】社外研修・東京ITスクール編 〜1週間目〜

こんにちわ、まるです。

今月から晴れてIT業界へ仲間入りしました。
2ヶ月間の社外研修のため、東京ITスクールというところで研修をしております。
著作権の関係で公開出来ない部分もありますが、
社外研修でどのような事をしているのか、伝えられる範囲でお伝えしていきます。

これからIT業界へ転職する人や、IT業界に転職したいけど
不安な方などへの参考になれば幸いです。

ウルフくん
ウルフくん
ITスクールか!どんなところなんだろうな?

 

基本的な、ビジネスマナー

ITスクールでは新卒の方や社会経験の浅い人、プログラミング初心者の方がほとんどです。
などで最初は社会で必要なビジネスマナーの基本から学んでいきます。

・コミニュケーション能力の培うため授業
・電話対応の仕方
・敬語の使い方
・お辞儀の仕方
・名刺の渡し方
・取引先との面談
・ホウレンソウの仕方
・プレゼンの仕方
etc….

と最初は社会で必要なビジネスマナーの基本を学びます。
おそらく営業の経験している方であれば、難なくクリアできるかなと思います。
正直な感想、ガチガチすぎてあまり実戦向きじゃないように思えてしまいました。

経験のない方は緊張してしまう場面もあると思いますが、実践を積んで慣れていけば問題ありません。
緊張感を覚える程度に思っていけば問題ないかと思います。

パソコンの環境設定


いきなり、プログラミングのコードを書く事はありません。
まずは配布されているパソコンを使えるように環境の設定をします。

手順を詳しく説明してくれるので、パソコンをほぼ触った事ない人でも
問題はないかと思います。

基本的に5〜6名で1つのチームを組み、皆んなで考えながらやるので、
分からない事や不安な事はすぐに誰かに聞く事ができます。

Javaの基礎


4日目あたりから、ようやくプログラミングの言語に触れる事になります。

最初の方は、

・プログラムの仕組み
・コードの仕組み
・コンパイルの仕組み
・フローチャートの書き方
・プログラムの実行
・画面へ出力の仕方
・変数とは
・クラスとは
・真偽値とは

などJavaをこれから学ぶにあたって非常に重要な基礎から学びます。

最初は何のことかサッパリわからないと思いますが、
もちろんITスクールなので、プログラミング未経験者の方たちを対象にしています。
なので、これから転職を考えている人も安心してください。

ですが、意外にもスピード感があり
ある程度予習をしておかないと、いきなり聞いた事ない単語などが大量に降ってくるので
自分でどこまで予習、独学できるかが大事になってくると思います。

最初の基礎を理解しているか理解していないかは、その後の伸びに大きく関わってくるはずです。

プロゲートをある程度やって、なんとなくの概要が用語を理解しておくだけでもだいぶ違います。
たまに、”プロゲートは意味がない”と言う人がいますが、何もしないよりは100倍マシです。

ちなみに僕はプログラミングは完全に未経験ですが、
3ヶ月ほどプロゲートと迫祐樹さんの有料講座で独学、予習をしていました。
入校時でプロゲートのレベルは215くらいでした。
やはり、やらないよりはよかったかなという感想です。

迫祐樹さんの有料講座、スキルハックスについては
こちらを参考にしてください。
【Skill Hacks】迫 佑樹くんのプログラミング講座を受講してみた結果がやばい!

このスクールは3ヶ月コースや2ヶ月コースと、所属企業により期間が異なります。
僕の場合は2ヶ月間なので、その間でなるべく伝えられる事は発信していきます。
本日は第1週目の更新になります。

近いうち、転職する企業の選び方なども記事にする予定です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ウルフくん
ウルフくん
次の記事も読んでな!