-副業-

【未経験からIT企業へ転職】気をつける事はたった1つ! 結論 : 研修制度

こんにちわ、まるです。

今回はプログラミング未経験の人がIT企業に転職する時に、気をつける事です。

 

恐らく面接時に聞いておいた方がいい事や、その人によって何を優先するか
など様々あると思いますが、
結論から言うと、未経験からエンジニアを目指すにあたって
共通して気をつける事はたった1つだと思ってます。

答えは先に書いていますが、
それは、研修制度がどうなっているか知っておく事です。

求人を募集しているIT企業は様々あります。
基本的に2パターンに分かれていて、
自社開発している企業
提携企業に常駐して開発をするSESと言われている企業

SESについての詳しくはググってみてください)

そして未経験者であれば自社開発の企業に務めるのはかなり高難度だと言われています。

よくあるのは、求人概要欄には未経験OK 自社内開発 と書かれていても、
フタを開けてみたら、全然違ったパターンなどよく聞きます。

IT企業に就職した時に起こりうる恐ろしいパターンをいくつか紹介します。
因みに稀にあるようなものではなく、かなりザラにあるパターンです。

・自社内開発などと謳っていたが、別の会社に常駐(派遣)させられた。
・SESと聞いてはいたが、プログラミングとは無縁のテレアポ会社に派遣された。
・研修制度有りと謳っていたが、ほぼなくプログラミングスキルが伸びるような環境ではない会社に派遣させられた。

などです。

例1,会社のホームページでは、エンジニア志望の方歓迎、研修制度完備、など
未経験者にとっては美味しい話ではあるが、実際いってみたらただの派遣会社で
テレアポやNHKの集金や訪問営業をさせられるだけの会社だった。

など、僕のまわりでもそういった例はかなり聞きます。

他にも僕が面接を受け、内定を頂いたがお断りした企業さんで
『うちは実力主義だからね、やればやった分だけ給料だすよ。
研修や勉強は営業時間外に会社に来て勝手にやってよ。
実力つくまでは常駐先を変えてくれなんて言うなよ』
など、かなりキツメな感じの社長さんの会社でした。

猫を被ってないだけまだマシかとは思いますが、
研修制度が充実しているとは言えませんよね。

なのでエンジニアとしていち早く成長がしたいと言う人は、
プログラミングスキルが伸ばせる環境に身を置けるかどうかの判断をするのがキーになります。
そのために未経験であれば、充実した研修制度はかなり重要になってきます。
もちろん自社で研修する企業も、社外研修させてくれる企業もあります。

判断する方法としては、
実際に面接時にどのような研修システムか聞いてみる勇気だったり、
あとは社長さんの人柄を見るのも大事かと思います。

SESによる常駐先は当たり外れがあり、そればっかりは常駐してみないと分からないといいますので、そこは転職前に考えても仕方がありません。
常駐先があまりにブラックな環境で働きにくいのであれば、
社長や上司に相談する事も辞める事もできます。
まずは行動してみましょう。

なので今回の結論としては、
未経験からIT企業に転職する際には、
プログラミングスキルが本当に伸ばせる研修をさせてくれる企業かどうか
大事になってきます。

何か質問等があれば、気軽にTwitter等からご連絡ください!
最後まで読んでくれてありがとうございました。