おすすめ!

いらねー物は捨てちまえっ!!

今回のテーマは
断捨離について
断捨離?とはなんぞや。と言う人もそうじゃない人も
早速見ていきまっしょう。

断捨離って?

そもそも断捨離とは
断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、
断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。
として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは一線を引く。
※ウィキペディア参照

と言う事ですね。

結局どゆこと?

要は、いらねーものは捨てちまえって事ですね、簡単に言うと。
俺が思う断捨離とは物だけではなく時間や行動も含まれていると思います。
例えば、本を読みたいけど本を読む時間がない。
と言う人がいたとしましょう。
しかしその人の普段の生活のタイムスケジュール的に時間が余ってないので本が読めません。
そこで、TVを見る時間やYouTubeを見る時間、友達と電話やゲームをする時間を
削る事で、本を読む時間を生み出せますよね。
何かをやめる事は何かを決める事と同じくらい大事な事だと思います
【決断】とは
何かをめた時は何かをたなければいけない事。
つまり決断と断捨離は表裏一体と言う事ですね。

時間がない。は結局言い訳

「何かやりたいけど時間がない」と言うのは
結局、自分がやらない事への正当化でしかなく。
本気でやりたことであれば、いくらでも時間を作ることは出来るはずなんです。
これが戦時中とかであれば話は別ですが、
こんな日本と言う豊かな国に生まれ、やりたいことがやれない事なんてないはずなんです。
そして、「時間がない」は
やってみた時に結果が出なかった時が怖いから時間がないと言う盾で自分を守っている
と言う事にもつながります。
これはアドラー心理と言う心理学に基づいた
原因論と結果論、二つの視点から見た心理学になります。
この辺に関してはまた詳しく記事にまとめます。

この世は全て裏と表で成り立つ

全ての物には裏と表、隠と陽、+と-、有と無で成り立っています。
何かを得るためには何かを捨てる必要があります。
ここで進撃の巨人でのアルミンの名言を見てみましょう。


このアルミンの発言はめちゃくちゃ深いなと思いました。
そもそもこの漫画自体この世界の縮図を見ているような気がしてなりませんが、それは一旦置いておきましょう。
アルミンが言っている通り、でかい物を得る為にはでかい物を捨てる必要があります。

無駄な物は捨ててみよう

今の環境とか、状況とか、人生がつまんないなーって思っている人で、
「面白い事起きないかなー楽しい事ないかなー」って思っている人がいたとしたら、一つ伝えて起きましょう。
今のままでは絶対に何も変わらない。
自分が先に何かを捨てないと、新しいものが入って来るスペースがないのは当然です。
高校卒業して、大学卒業して、
地方から上京して来る人ってすごいなーと、昔から思っていました。
東京で育ってきた俺には無縁な話でしたが、
地元の中学時代の仲間や家族と距離を置いて、東京に来る。
そうして環境や習慣が変わらないわけがないですよね?
無意識でやっている人がほとんどかもしれませんが、
とてつもなく大きなものを一時的に今の生活から排除する事で、
全く予想もつかない大きな未来を受け入れるスペースを作っているのです。
高校卒業したばかりの人なんて右も左も分からないのに、
すごい勇気と行動力だなと思います。

不要な人間関係は切ることも大事

自分にとって、不要であったり、悪影響な人間関係も
思い切って切ってしまうこともすごく大事なことです。
この世の全ての悩みは人間関係にある。と言う理論もあります。
人間関係に関してはすごく難しくて深いですが、環境を劇的に変えると人間関係も変わって来るでしょう。
人間関係についてはまた詳しく別の記事で書いていきたいと思います。

まとめ

何を捨てたらいいかわからない場合は
自分のやりたい事をノートやメモに書き出して見ましょう。
もし全然思いつかないのであれば
やりたくない事を箇条書きにでもして書いて見る事をオススメします
そうして書き出して目で見る事によって客観的に自分の思考を捉えられるので、
頭の中が整理されます。
すると、今の自分の生活で不要なものや時間、行動が少し見えて来るんじゃないかと思います。
そして自分の部屋のいらない物や不要な行動などは思い切って全て捨ててみましょう。
TVをつける癖があるなら、TVの電源を抜いておく事で、
TVを見るためにはTVを入れなければいけない、と言う一手間が加わるので、
必然的にTVを見る時間は減るでしょう。
その空いた時間で好きな事をするでも、自分の知識を増やすでも、
好きな事に使えばいいと思います。
暇つぶしとは違いますよ。
今自分がやっている行動が2年後3年後に役立つだろうか、と考えてみましょう。
役立つかどうか分からなくても、自分が好きな事であればいいと思います。
それがなんの意味もないスマホゲームやYouTubeとか無意義な事ではなく、
少しでも有意義な時間に変換できる事ができれば、
毎日が少しずつ面白くなって来ると思います。

無意義な事は捨てて有意義な事へ変換する。

これが習慣になれば自分の成長へと繋がるはずです。
最後まで読んでくれてありがとうございます!!
それではまた!