プログラミング

【Ruby on Rails】未経験の独学のみでWebアプリをリリースするまでの過程

こんにちは、まるです。
今回は先日リリースした、プログラミング学習管理アプリ「プロスタ」をリリースするまでの過程を書いていきます。
タイトルにもある通り、Ruby Ruby on Railsは完全に独学のみで実装したので、
現在Ruby等を学習している方の参考になればと思います。

Progateで適当な言語を一通りやる

定番ですが、まずはプログラミングに慣れるためにProgateを適当にやりました。
progateはあまりやりこむ必要はないので、全部理解出来てなくても、ちょっと慣れてきたなと思ったら次のステップに移ることを考えましょう。

先日にこういったツイートをしました。


実は、かく言う僕もProgateを300レベルくらいまでやりこんだ過去があります。
そこまでやりこんでもあまり意味がなかったなと思い、過去の自分にむけてツイートしました。

プログラミング講座「Skill Hacks」を受講する

知っている人も多いかと思いますが、迫祐樹さんという方が運営されている
オンライン型のプログラミング講座を受講しました。

Skill Hacksの感想やレビューはこちらをご覧ください。
Skill Hacks】迫 佑樹くんのプログラミング講座を受講してみた結果がやばい!

こちらの講座をざっと1週した後、一部の理解しきれていないところをもう1週しました。
合計1.5週ほどでしょうか。

プログラミングの基礎から
・HTML
・CSS
・Ruby
・Ruby on Rails
を一通り学べて値段も格安なので、未経験者なら間違いなく一番おすすめの講座です。
一番のうま味は迫祐樹さんへ24時間無制限で質問OKというところでしょうか。
挫折率が皆無になります。

SkillHacksの受講はこちらから。
SkillHacks

何か成果物を作ってみる

上記のProgateとSkill Hacksを終え、とりあえず何か作ってみたい衝動に駆られ、
プログラミング学習管理ツールだなと思い動き出しました。
なぜプログラミング学習管理ツールだったかと言うと
・誰かの役に立ち、繰り返し使ってもらえるものがよかった
・駆け出しエンジニアが爆発的に増えているので需要があると思った
・自動的に拡散してくれる仕組みが構築できるものがよかった
というところでしょうか。

毎日いろんな人がTwitterで本日のプログラミング学習を記録しているのを見て、
もっと効率的に管理できるツールがあったらいいなと思い決めました。

そしてプログラミング学習管理ツール「プロスタ」を作ろうと思ったのですが、何から始めていいかわからなかったので、以下のように動き出しました。

要件定義書などを簡単に作ってみた



このような形で仕様等をまとめました。
丸で囲ってある通り、ほぼ全ての機能の実装部分をどうやるのか想定すらできていませんでしたが、
とりあえず着手しました。

出来るところから実装していく

出来るところから実装していき、大枠を作ってから中身を少しずつ固めていく手法をとりました。
自分で仕様を考え、要件定義書を作りその通りに実装していく、何か仕様の変化があればその都度変えていく。
自分で頭の中がどんどん具現化されていく感覚がゲームのようで面白かったですね。

完成まで

想定は3ヵ月くらいだったのですが、着手から完成までは1ヶ月半程だったので思っ
たよりは早く完成までたどり着けました。

まとめと今後

度重なるエラーなどに苦しみ一つのエラーで6時間くらいかかったり、
一つの機能に1日以上使うこともありましたが、完成してみて思ったことは
とりあえずやってみてよかったな。ということです。

Twitterでもリリース発表をさせていただきましたが、思ったよりも反響がありました。
「プロスタ」で検索すると実際に利用してくれる方がちらほらいてくれるのが何より嬉しいですね。

今後はプロスタのアップデートと、新たに次のサービスに向けて動いていく予定です。

プログラミングを学習されている方は、是非一度利用してみてください。

プログラミング学習管理アプリ「プロスタ」をリリースしました。
是非ご活用ください。
ProSta

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。