自己啓発

嫌なことあった。人生つまんない。もうどうでもいいや。

みなさんこんにちわ。まるでっーす。
人生って、生きてりゃ嫌なことの一つや二つあると思うんだ
嫌なことがあった時に、
「もういいや。めんどくせ。どーにでもなれよ。つまんね〜。」
って思う人と

「起こったことは仕方ない。次はいいことあるさ!勉強になった!がんばろ!」

って思う人の2パターンの人がいると思うんだよね。
まぁ全く気にしない人も稀にいるけどそれは置いとこう。
ネガティブに思うか、ポジティブに思うかってその後の人生に大きく影響してくると思うんだよね。
まぁ今回そーゆー潜在意識とか、思考がどーのこーのとか
めんどくさい話は置いといて。
ここで一つ想像してみてください。

 

今、貴方のお財布には¥86,400入ってます

 
そして状況はともかく泥棒に2万円だけ盗まれたとしましょう。
その時あなたは「クソー!!ふっざけんなよ!まじかよ!!」
ってなりますよね?俺ならなりますよ。そりゃあ。
ここで、「仕方ないですね、気にしてはいけません。前向いて歩きましょう」
みたいな瀬戸内寂聴さんみたいな考えには至らないです。さすがに笑
ですが、そこで「クソー!!」
とはなるけども、財布の中にある残りの¥66,400
「もーいいーや!どうにでもなれー!」
って言って捨てたりしませんよね?
あーもー仕方ねー!と思って残りの¥66,400を、より大事に使おうと思いますよね?
次にです。また想像してみてください。

貴方の銀行口座に、毎日、¥86,400振り込まれる

 
としましょう。
ですが、そのお金は翌日には消えてしまうとしたら、どうしますか?
頑張って使い切ろうとしますよね。
それもなるべく無駄にはせずなるべく有意義に使おう、
勝手に消えて無くなるくらいなら精一杯自分の為に、または誰かの為に使いきってやろうと思いますよね。

【86400】

 
この数字がなんの数字かわかった人もいると思います。
そうです。1日の秒数です。
1日は全人類に86400秒と平等に渡されています。
その中で、渡された時間を無駄にするのか有意義に使うのか
少し嫌なことがあったら残りの時間も投げ出してしまうのか。
その使い方は個々の自由だと思います。
でもせっかく渡されている限るのある時間なら精一杯楽しく過ごしたいですよね。
少し嫌なことがあっても、残りの時間で楽しめばいいだけですもんね。
自分に与えられた限りある時間は他の誰かに奪われるものではなく、
自分のために、大切な誰かのために、どのように使うのかは結局全て自分次第です。

ブラジルのアマゾン州に住んでいるピダハン族を言う部族がいるそうです。

その人たちが使う言語というのがかなり特殊だそうで、
その部族の中でしか用いられていないようなんです。
そして、かなり独自の生き方を貫いているそうです。
というのが、彼らたちには過去も未来も存在しないのです。
は?って感じですよね。
彼らの扱う言語の中に【過去】【未来】などを意味する言葉が存在しないようなんです。
彼らは生まれながらに今を生きる部族なんですね。

まとめ

 
現代の人たちは今ではなく無意識に過去と未来を生きすぎています。
過去にあった辛いこと、この前あった嫌なこと、昨日彼女とした喧嘩。
明日のテスト、明日の仕事、来週の商談、将来の不安。
過去と未来ばかり気にしていて
本当に今を生きている人ってすごく少ないと思います。
今を生きている人って喋るとすぐにわかります。
かなり生き生きとしているからです。
結局、過去も未来も今の連続にしかすぎません。
過去や未来ばかり気にしていまつまんなければ結局なにも面白くありませんし、
人生辛いこともたくさんあるけど、たまにいい事も楽しい事もある。
今を一生懸命生きることが今できる人生の最善だと俺は思います。
俺はとにかくポジティブに生きてりゃいい事あるっしょ。と思って生きてますw
ただの能天気ポンコツおじさんです。いや、まだお兄さんです。
最後まで見てくれてありがとございまーっす!
ピタハン族に関してはまた別の機会で詳しく書いていきます!
それじゃまた!